乾燥は肌の敵

乾燥が厳しい季節ってあるでしょ。乾燥肌にとって屋内は1年中、屋外はほぼ1シーズンね。これ冬のこと。乾燥肌の敵は1年中だけど、冬が目立ち易いのよ。これは外気のためで、天気予報でも乾燥注意報が発表されているしね。

お風呂に入った後や、布団に入った後とか、背中に発疹が出て痒くなるのって、乾燥肌が酷い証拠。保湿クリームを塗って直るようケアしてあげると良いわよ。

肌にとっては「冷房の風」も「暖房の風」も良くないの。外気温もね。だから家などでは環境に注意してあげること。加湿器など使うと良いわよ。小型の加湿器もあって、オフィスでも使えるってOLに受けているみたいね。

エアコンの風もだけど、手を洗う「水」や「お湯」も敵よ。暖かくなると外気の湿度がある分肌荒れが目立たないけど、外気自体の乾燥が厳しいと駄目。手は1日に何度も洗うでしょ。

水はもちろんだけどお湯は特に油分が損なわれ易いの。指が割れたりするのはその典型よ。家事や手を洗うのは日に何度も行なう日常の当たり前の行動ね。その後、水分をきちんと拭わないとそれで余計に手の湿度を奪われるのよ。

足も乾燥が進むと肌荒れ(乾燥肌)を起こすの。よく踵が割れて痛いとか、堅くなって粉をふくって聞くじゃない?立派な乾燥肌よね。こちらの大きな原因だけど、靴下やストッキング等のナイロン繊維。水分を奪い易いし、外気の湿度が低いと余計にね。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り