お風呂でのエクササイズは効果的2

お風呂でのエクササイズは「足」「腰」だけじゃないのよ。
「何を目的にするのか」で変わるの。
主に「美容」を主眼とする場合と「身体を癒す」場合の2つ。
更に「美容」の中でも「ダイエット」目的なのか「身体のラインをキレイにする」かで、ストレッチ等の動きが変わるのよね。
「身体を癒す」のが目的なら、

・ ふくらはぎをもむ
・ 足首を廻す
・ 肩を廻す
・ 首は上下左右それぞれに倒すと共に最後に首を廻す
・ 腕を伸ばす

など、筋肉の緊張を解いてあげればOK。

「美容」の中でも「身体のラインを綺麗にする」場合は加齢と共に筋力が弱くなり、重力に負けて下に垂れていく所を鍛えれば良いの。
一番ポピュラーなのは「胸」ね。
「胸」は鍛えにくいし、普段から使われない筋肉が支えているから、重力の影響を受け易いのよ。
余談だけど重力の影響を受け易いのは「足のむくみ」も同じだから覚えておくと良いわよ。それで話を戻すけど、たれやすく人が見るところって「胸」と「お尻」の2つ。
最も「お尻」はお風呂で行なわないけど。
これについては後で少し触れるわね。

「胸」の場合
1.足を曲げておく(お湯の中でも姿勢をキープできるようにする)
2.両手のひらを合わせる(合掌する)
3.腕を肩と同じ高さにする
4.手のひらを押し合う(力を入れ続ける)
5.4を5~10秒続ける
6.力を抜いて手を下げる(手を下げて休憩を5~10秒)
7.2~6を1セットとし3セット繰り返す

「お尻」だけど、お尻の穴を閉めるかんじ。
その姿勢を10秒ほどキープするだけ。
いつでもどこでも行なえるから、意識して行なうと良いわよ。

お風呂でのエクササイズは効果がある分、水分をきちんと補給すること。
無理をすると結果がパーになるから気をつけてね。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り