癒し環境の構築を

現代はストレス社会と言われているけど本当ね。
学生のうちは競争をさせない傾向が強いけれど、社会に出ると競争だらけ。
怒られ慣れていないから我慢できないし、怒る側も気を使って怒るというより注意になっちゃうの。
どちらも対人関係でストレスを溜めるわけ。
ストレスが苦痛で自殺者も増えているようだし、ストレスに関心が集まっているのよね。

ストレス発散や癒しが求められている背景には、複雑な対人関係があるの。
発散する方法はいろいろあるから自分にあった物を探すと良いわ。
これってどちらかと言うと自宅外で行なえるものが多いのよ。
対して癒しは自宅内のプライベート空間で行うものが多いの。

アロマやお香など臭覚を刺激するものや、ヒーリング・ミュージックで聴覚を刺激するもの、光りを絞って視覚を刺激するものなど人間の五感が脳に働きかけて得られる癒しは大事よ。
身体のリラックスって、脳の判断もあるから、そのことを忘れないでね。

臭覚→ アロマ、お香、ポプリや匂い袋、芳香剤など
聴覚→ ヒーリング・ミュージック、バラード系の静かな曲、クラシック音楽など
視覚→ 間接照明やキャンドルの光り(アロマキャンドルは視覚と臭覚同時に癒し効果を得られる)
触覚→ ペットがいるならペットとの触れ合い、ぬいぐるみが好きなら大きなぬいぐるみを抱きかかえる(クッションを抱えるかんじ)、動物と触れ合える場所での触れ合い(これは自宅外になるけど…)
※ ウサギの毛並みは癒し効果が大きい
味覚→ 自分が食べて幸せだと思う食べ物(これは太り易いものが多いからお勧めできない)、ハーブティーなど

少しの工夫でも癒し空間は作れるから、自分にあった癒しの環境を作ってみて。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り